メタボ対策 解消ダイエット

メタボリック解消のダイエット方法

メタボとは、内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満や高血圧、高血糖、脂質異常の内、2つ以上当てはまる症状のことです。

 

近年の欧米型高カロリー食と、便利な生活環境による運動不足からメタボリックシンドロームは益々増加傾向にあると思えます。

 

メタボは簡単に言うと、太りすぎ、肥満ということになるので、対策はやはりダイエットをするしかないですが、これが中々難しいです。

 

人間は我慢することや、嫌なことを続けるのが苦手な生き物なので、ダイエットも出来るだけ我慢をしない、楽に出来るものが望ましいですね。

 

当サイトはメタボ対策、解消に役立つ様々なダイエットの特徴と、それぞれの方にあう方法を随時ご紹介していきます。

メタボ対策・食事系

メタボ対策の食事を考える上で、やはり高カロリーものはなるべく避けるべきでしょう。

脂質の多い肉料理や、揚げ物、ラーメンやチャーハンなどの炭水化物に油を多量に使った料理などは取りすぎないよう注意が必要です。です。

外食の場合、これらの高カロリーメニューばかりの店舗は避け、健康に気を使った、女性が好む低カロリーメニューがある店を選びましょう。

また、1日の食事の回数は、3回きっちりと取りましょう。

食物を消化するエネルギーも基礎代謝に含まれます。

胃が空っぽの時間が長いと、体は危機感を覚え消費カロリーを控えようとする働きが起こり、太りやすい体質になるといわれます。

よって、食事は低カロリーメニューを3回に分けて食べるのが理想的といえますが、それ以上(1日4回、5回など)に食事回数を増やすと消化器官に負担が掛かりすぎるので、いろんな意見はあるでしょうが、やはり3度がベストと思います。

食事量の配分は朝食、昼食はしっかりと食べ、夕食は軽めにするのがいいでしょう。

また就寝時間の3時間前までに食事を済ますよう心がけましょう。

いろいろ難しいことばかり書いていますが、これらのメタボ対策ダイエットをなるべく無理なく実践できるサプリメント、ダイエットフード、お茶などの中でも、効果的で人気の高い商品をご紹介していきたいと思います。

適度な運動と併用することで、より高いメタボ解消効果が期待できると思います。

メタボ対策・運動系

メタボ解消の運動としては、増えすぎた内臓脂肪を減らすことが目的となるので、有酸素運動が有効的です。

 

代表的なものとして、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳等ありますが、ジョギングと水泳は続けることがより難しいと思われますので、ここではウォーキングとサイクル運動をおすすめします。

 

しかし、有酸素運動は確かに脂肪を燃焼する運動ですが、例えば、ウォーキングを平均的な速度で30分続けると、約100kcal消費しますが、これはご飯に換算すると、お茶碗半膳分弱の消費カロリーしかありません。

 

メタボ対策ダイエットを最も効率よく行うには、有酸素運動と筋トレを組み合わせることです。
筋肉を鍛えると、基礎代謝が上がります。

 

基礎代謝とは、体温の維持や内臓の運動など、人間が全く動かなくても消費するカロリーのことです。

 

1日の基礎代謝量は、成人男性で約1500kcal、成人女性で1200kcalとかなり大きな数値です。

 

筋トレで基礎代謝を上げながら、ウォーキングやサイクリングで体脂肪を燃焼するのが、メタボ対策として太りにくくリバウンドしない、理想的な運動といえます。

 

 
 

人気ダイエット


 
ホーム 当サイトについて