メタボリックシンドローム 基準

メタボとは?

メタボリックシンドロームとは、お腹まわりの内臓に脂肪が蓄積するいわゆる内蔵脂肪過多が原因で、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を併発し易くなってしまう状態のことです。

 

血糖値や中性脂肪の値が少し高いだけでも、併発することで心筋梗塞や脳卒中の原因となる、動脈硬化が予想以上に進行してしまうこともあるので注意が必要です。

 

2008年(平成20年)からメタボ検診義務化が始まりましたが、メタボは自覚症状が判り難いので、40歳を過ぎると年1回は検診を受け早期発見、早期対策することが大切です。

メタボの診断基準


項目

数値

判定基準

内臓脂肪の蓄積

腹囲(へそ周り)
男性:85cm以上
女性:90cm以上
肥満判定のBMI(体格指数)ではなく、腹囲で判定 

脂質異常

中性脂肪
150mg/dL以上
HDLコレステロール 
40mg/dL未満 
中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少 

高血圧

最高(収縮期)血圧
130mmHg以上 
最低(拡張期)血圧 
85mmHg以上 
高血圧症診断の(最高血圧140mmHg以上/最低血90mmHg以上」)より低めの数値

高血糖

空腹時血糖値
110mg/dL以上 
糖尿病診断の(空腹時血糖値126mg/dL以上)より低めの数値 

メタボの対策と解消法

メタボの対策とは生活習慣の改善です。

 

つまり、体に付き過ぎた脂肪をダイエットにより減らすことです。

 

ダイエットというと、いきなり当たり前、かつ難しいように感じたかもしれませんが、何も極端な食事制限や激しい運動をするのではありません。

 

むしろ、極端な食事制限や激しい運動は健康を害してしまう恐れもあり、逆効果となってしまいます。

 

メタボ解消の食事療法や運動は、この先ずっと続けていくつもりで始めることが肝心です。

 

よって、無理なく楽しみながらストレスにならないようにがんばりましょう。

 

また、癌や脳卒中の要因となる喫煙もメタボ対策には必要ですが、ダイエットと一緒に禁煙するとかなりのストレスとなりますので、まずダイエットに慣れてから禁煙を始めるなど、個人に合ったペースのメタボ対策をお勧めします。

 

 

人気ダイエット


 
ホーム 当サイトについて