メタボ対策 解消の食事

メタボ対策・解消の食事

メタボ対策、解消の為のダイエットは、見た目やスタイルを変えたいダイエットとは、取り組み方が少し違います。

 

一般的にダイエットというと、「夏海に行くまでに好みの水着を着たい。」とか「同窓会までに何キロ痩せたい。」など比較的短期間で行うものをイメージしがちですが、メタボ対策ダイエットは、健康の為にこの先ずっと続けていくものなので、無理な食事制限や健康を損なうことはしないというのがもっとも重要です。

 

特に油っこいものや甘いものが好きな人は、好み自体を変えていく努力が必要となってきます。

 

しかし、何度もいうようにストレスは健康の敵となるので、月一または週一は好きなものを我慢しないで食べるなど、無理をせず計画的なダイエットが必要となってきます。

 

ここでは簡単ではありますが、メタボ解消の食事として、改善するポイントを挙げておきます。

 

バランスのよい食事を心がける。

①ご飯、パン、麺類などの主食。
②肉、魚、大豆などの植物性たんぱく質。
③野菜、海藻、きのこなど。
以上の①②③より1つずつ食べる。

 

食事はよく噛んでゆっくり取る。

食事をあわてて取ると、満腹と脳が感じる前に食べ過ぎてしまいます。
またよく噛んで食べることで、消化を助け健康にも役立ちます。

 

甘い飲み物は避ける。

飲み物は種類によって著しくカロリーが違います。
なるべく水やお茶などノンカロリーのものが好ましいですが、例えば缶コーヒーなどでもブラックや低糖のものと普通加糖のもので5倍以上の差があります。
水分を多く取ることは健康にも好ましいですが、甘い飲み物は厳禁です。

 

外食をなるべく避ける。

外食は油ものが多く、味付けも濃いものが多いので、あっさりしたものや自分で味の調整が出来るもの(醤油、塩、ソースなどをかけて食べるもの)を選ぶ。

 

弁当はカロリー、塩分などの数値をチェックする習慣をつける。

高カロリー、高塩分のものは避け、たんぱく質、炭水化物、野菜類のバランスのとれたものを選ぶよう心掛ける。

 

一回の食事で食べる分を取り分けておく。

一人暮らし場合は多めに作ったおかずを食べ過ぎないよう、1食分として別の皿に取り分ける。また、家族で食べる場合も各人で取り分け、一人が食べ過ぎないようにする。

 

最初に野菜を食べる。

食べ方としてはバランスが悪いですが、最初に野菜を食べ満腹感を増し、主食を減らす。

 

また、野菜を最初に食べると血糖値が上がるのを抑えられる作用があるとのことで、低インスリンダイエット効果があるともいわれています。

メタボ対策・解消の食事注意点

メタボ対策の食事で最も注意しなければならないことは、極端な減量はしないということです。
1日の摂取カロリーを急激に減らすと、確かに体脂肪は落ちますが、同時に筋肉も痩せてしまいます。
筋肉量が減ると、基礎代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体質になります。
また、筋肉は体を動かす以外に、血液を送り出すポンプのような働きがあります。
筋肉量が落ちると、血行が悪くなり、生活習慣病の元にもなりかねません。
また、極端な食事制限はかなりのストレスとなり、長く続けるには無理があり、失敗するとリバウンドしてしまいます。
リバウンドを繰り返すと、益々痩せにくい体質となり、メタボがより進行する悪循環となってしまいます。
よって、メタボ対策ダイエットとしては、緩やかな食事制限と筋肉量を維持する為の適度な運動を同時に行うことが重要です。

人気ダイエット


 
ホーム 当サイトについて